肌細胞に活力|クレーターのようなニキビ跡も綺麗に出来る

看護師

3色のクマ

グッドサイン

茶グマと青グマと黒グマ

多くの人が悩んでいるものに目のクマがあります。日常生活を不規則にして油断しているとすぐに出来てしまう人も少なくありません。ただ、一言で目のクマと言っても実は大きく3つに分類することができます。それは茶グマと青グマと黒グマです。名前から推察できるように、色からして違いが分かります。そして、違うのは色だけでなく原因も違います。そのため、茶グマの人に効果的な美容整形があったとしても、黒グマの人にも同じ効果があると言うわけではありません。美容整形の医師などはすぐに判断できるものの、素人ではどれがどの目のクマなのか判断しづらいものです。そのため、自己流で処置するのではなく、一度美容整形の医師に診察してもらうことです。

紫外線と睡眠と目の弛み

その3種類ある目のクマの原因は次の通りです。茶グマの原因は、紫外線やストレスなどで引き起こされるメラトニンなどの色素沈着です。青グマの原因は、睡眠不足などの血行不良によるものです。黒グマの原因は、目の上の弛み、目の下の凹みによって起こります。このように色によって原因も異なります。そのため、予防方法はその原因を作らないことです。つまり、「紫外線やストレスを受けない」、「しっかりと睡眠をとる」、「目のストレッチをする」などが挙げられます。きちんと予防していれば目のクマが出来る可能性は低くなります。もちろん、低くなりますがゼロにはなりません。一度目のクマが出来てしまったら、美容整形によって処置してもらった方が手っ取り早いです。